teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


7月度談話サロンご案内

 投稿者:城  善政  投稿日:2018年 6月24日(日)14時30分7秒
返信・引用
  拝啓 梅雨空のうっとうしい頃となりました。でもあじさいは梅雨にぬれて鮮やかです。
皆様におかれましてはお変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。
さて7月の談話サロンは下記の要領で行います。ご多忙とは存じますがお誘い合わせの上
多数ご出席くださいますようお願い申し上げます。
                                    敬具


1 日 時    平成30年7月12日(木)
         12時~12時40分   講演会
         その後1時間程度     懇親会

2 場 所    長崎県産業支援センター
         〒 160-0004 東京都新宿区四谷1-10-2
         電話 03-6240―0532

3 講 師    学18  森部 良広様 (西田川高校卒(株)トーメンに入社)

4 テーマ    「中国経験談」
①  北京駐在時代  ・・・ 駐在員事務所
北京の貿易総公司との商いが主
②  天津駐在時代  ・・・現地法人
地方分権化が進み、各企業との商いが主
③ 現在の中国と今後
中国の影響力拡大
自国の運営に自信   特に2010年以降
課題 急速な高齢化による社会保障の遅れ
   地方政府の債務拡大。 環境汚染。 水面下の権力闘争。
5 その他    会費500円(お酒を飲まれない方は200円)出席なさる方は
11時50分までに食事を済ましてお越しください。
 
 

30年6月度定例役員会議事録

 投稿者:三浦 康寿  投稿日:2018年 6月18日(月)17時52分33秒
返信・引用
                                                           ○日時:6月14日(木) 10:30~12:00  ○場所:長崎県東京産業支援センター
○出席者:(順不同、敬称略) 小川、山田、三浦、外尾、伊津野、小淵、一ノ瀬、石田、城、
稲山、川口、野中、平川、柿田、千原、田中   以上16名
1、議題 年時代の今日、介護予防には友
・会長挨拶  地域包括ケアシステムについて提案したいと思っている。先月、事故により40日程
      入院して介護予防の重要性を実感したところであり次号の会報にも寄稿する予定である。
      人生100の会に入会して会員相互で大いに親睦交流に励む
ことです。従って、会報のテーマの一つとして「私の健康法(介護予防)」を取り上げて
貰いたいと思っている。
・会員動向     入会者1、退会者1(死亡)  5月末会員数 244名
・会報誌在庫    75号=95部、74号=33部、73号=5部
2、各部報告
・総務G : 通常総会は5月25日(金)、クルーズ・クルーズSHINJUKUにて39名の出席を得て
      開催、議案は提案通り承認され無事終了した。
 ・会員対策/地区活性化G:今月は互輪会(学12)全国大会時に勧誘の結果、新規に4名の入会が決定した。
      又、友の会HPを見て学19回生の入会申し込みがあり、HPからの入会は初めてのケースである。
更に瓊林会東京支部総会(6/9)の場でもリーフレットを活用し入会勧誘を行ったが、学20回
以降の若手には現役が多く直ぐには成果はなかったが引き続きフォローしていきたい。
・経理G:5月度までの会費納入率は約66%と例年通りのペースで推移している。支出面では福岡に地区活動費40,000円を送金した。年度会費未納者については、この数か月の経過を見て対応したい。
・事業企画G:次回の散策は日光街道宿場町を歩くという趣旨で7/4日、南千住~北千住界隈を散策するが、
友の会掲示板にも掲載します。(別紙参照)
・研修企画G:本日の講演は「江戸から明治へ」、講師は小淵繁利氏(学9)である。
尚、来月は中国に関する講演であるが演題は森部良広氏(学18)より後日連絡がある予定。
談話サロンの8月から来年1月までは講師、演題とも確定している。
・IT/広報/会報誌:会報76号(9月末発行)についての寄稿状況は別紙の通りである。原稿締め切り8月15日、発行は9月末を予定している。随想、健康、パソコン等々の原稿について寄稿予定者には
     責任を持って投稿をお願いしたい。
・イベント企画G:恒例の演劇鑑賞を11月頃に企画したい。2か月前からの予約受付となる場合が多く、内容、演目などを精査して然るべき時期に提案する。
  3、検討事項 ・友の会創立40周年記念事業の概要
       先月、提案された記念式典、記念会報、友の会40年史、記念旅行、記念品作成、寄付募集
        等々の内容、実施時期などを討議し大筋で了承された。以降は総務グループに於いて更に
       内容を精査し月次の定例会にて逐次議論し検討していくこととなった。
〇 談話サロン:「江戸から明治へ」  講師:小淵繁利氏(学9)
   上記以外の聴講者は釜下孝一(学8)北村義三、田中明久、山下勉(学9)西尾智博(学11)
  森田滋(学12)小野等、南隆一(学21)の各氏
  〇 次回定例会7月12日(木)     10時30分  長崎県東京産業支援センター
 

江戸の日光街道(宿場)を歩く

 投稿者:稲山清紀  投稿日:2018年 6月15日(金)10時56分51秒
返信・引用
  江戸の日光街道(宿場)を歩く

今回は江戸時代、日光街道の宿場町、南千住から北千住を散策します。
幕末の諸々の事件に関わった志士たちや無名の遊女たちを供養している寺社を巡り歴史の断面を探ることと
します。梅雨のうっとおしい時期ですが、眩しい青空を願って企画しました。
同期の仲間を誘って多数お出かけください。
                                  記

1.日時: 7月4日(水)  午前10時30分  (小雨決行)
2、集合場所: 南千住駅改札出口(メトロ日比谷線)
3、散策先
  ① 小塚原回向院・・・ 江戸時代に罪人を処刑したお仕置場跡に開かれたお寺。 明治20年まで存続し
約20万人が処せられ、安政の大獄で刑死した橋本左内、 吉田松陰などの墓がある
  ②延命寺/首切り地蔵・・・小塚原回向院の別院
  ③浄閑寺・・・遊女達を供養する新吉原総霊塔があり埋葬された遊女は2万人を超え平均年齢は22歳
  ④円通寺・・・791年、坂上田村麻呂が創建し源義家が再建した古刹。幕末の上野戦争時の無数の弾痕が
残る寛永寺の総門(黒門)が移設されている
  ⑤素戔(すざの)雄(お)神社・・・境内に芭蕉の「行く春や鳥啼き魚の目になみだ」(旅立ちの句碑:芭蕉)がある
  ⑥千住大橋・・文禄3年(1594)に架けられた隅田川の最古の橋で「大橋」と呼ばれて松尾芭蕉の「奥の細道」
           の出発点である
  ⑦不動院・・・戊辰戦争に出征した広島藩の戦死者の供養塔が建っている。
  ⑧金蔵寺・・・千住の投げ込み寺と呼ばれ病死した遊女たちの埋葬寺であった。

4、散策距離、時間 : 4.5km、 約2時間
5、昼食懇親会 :    北千住駅近くの食事処
6、参加申し込み :  各卒回役員・幹事より同期生(会員、非会員)のお知らせ頂き取り纏めの上、
              6月末までに稲山宛にご連絡ください。
7、案内人: 小淵繁利(学9)、稲山清紀(学12)
8、当日の緊急連絡先:  080-6508-1780(稲山携帯)
 

6月度談話サロンご案内

 投稿者:城  善政    投稿日:2018年 6月 7日(木)11時42分9秒
返信・引用
  拝啓 梅雨前線が近づいてまいりました。暑い日が続いておりますが、皆様におかれましてはお変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。昨日平成30年度・「瓊林友の会」通常総会が無事終了いたしました。
さて6月の談話サロンは下記の要領で行います。ご多忙とは存じますがお誘い合わせの上多数ご出席くださいますようお願い申し上げます。
敬具


 1 日 時  平成30年6月14日(木)
        12時~12時40分   講演会
        その後1時間程度   懇親会

 2 場 所  長崎県産業支援センター
        〒160-0004 東京都新宿区四谷1-10-2
        電話 03-6240― 0532

 3 講 師  学9   小淵 繁利様

4 テーマ  「江戸から明治へ」
①  今年は明治維新から150年目に当たります。江戸から明治への移行期は理解するのがなかなか困難であります。
②  講師は瓊林友の会誌74号に「私の推薦する本」と題して司馬遼太郎著「明治という国家」を紹介しておられる。
③ 今回の講演は「江戸から明治へ」の移行期について我々が学んだ時代と現代とでは記述の仕方が違うらしい。その比較をしながら話をしていただくことなります。

5 その他   出席される方は当日食事を済まされて11時50分までにお越しください。会費は500円。(お酒を飲まれない方は200円)
 

5月度定例会議事録

 投稿者:三浦 康寿    投稿日:2018年 6月 7日(木)11時36分4秒
返信・引用
  ○日時:5月10日(木) 10:30~12:00
 ○場所:長崎県産業支援センター
○出席者:(順不同、敬称略)
小川、山田、三浦、伊津野、一ノ瀬、城、稲山、川口、野中、平川、柿田、千原
 以上12名
1、議題
・会長挨拶  3月の役員会の翌日、転倒してリハビリも含め40日程入院していまして無事本日役員会に
出席出来ましたが、皆さんには大変ご心配を掛けました。
30年度の友の会活動方針は別紙の通りである。体調不良や長期入院中などで連絡が取れない
会員については本人の了解を得て退会扱いとし、実質会員数240名での運営体制を構築したい。
尚、会員数目標は従来通り250名を堅持する。

・会員動向     入会者2、退会者6   4月末会員数 244名
・会報誌在庫    75号=170部、74号=33、73号以前の号は各5部を保管し残りは処分した。
2、各部報告
・総務G : 30年度通常総会は5月25日(金)、場所はクルーズ・クルーズSHINJUKUとする。
      当日の総会次第は別添の通りで、30年度瓊林会活動方針、各グループ活動計画、29年度収支
予算実績、30年度予算案等々である。尚、役員は当日、午前10:30に集合の事。
 ・会員対策/地区活性化G:瓊林会東京支部ゴルフ大会(4/23)にて新規会員2名入会の成果があった。
更に瓊林会東京支部総会(6/9)の場でも友の会リーフレットを活用し役員一丸となって
新規会員獲得に向けて勧誘活動を促進したい。
・経理G:4月度の収支では支出面での会報発送費用が 宅配便の大幅な値上げで45,822円となった。
又、30年度収支予算は先月の確認に基づき会員数240をベースに策定し別紙の通りである。
・事業企画G: 次回の散策は6月度に提案予定である。
・研修企画G:総会特別講演は「経済学部楽苦備部(ラグビー)」、講師は吉田一久氏(学18)である。
尚、別表の通り来年1月まで講師、演題とも確定している。
・IT/広報/会報誌:次号会報76号については、編集スケジュールを早めに提示して頂きたい(小川会長)
表紙は本松健治郎氏(学12)に決定している(川口GL)
・イベント企画G:恒例の演劇鑑賞を10~12月頃に企画したい。団体割引の対象となる20名以上の参加が
必要であるため演目、劇場など精査して進める。
  3、提案事項
   ・友の会創立40周年記念事業について
       稲山PT実行委員長より記念式典、記念会報、友の会史、記念旅行、記念品作成、寄付募集
        等々の案件内容を説明、以降の定例会にて逐次議論し検討していくこととなった。
〇 談話サロン:今月はお休み
◎ 30年度通常総会;5月25日(金) 11:00~15:00  クルーズ・クルーズSHINJUKU
                 10:30     役員集合時刻
  〇 次回定例会;6月14日(木)     10時30分  長崎県産業支援センター
 

30年度瓊林友の会通常総会

 投稿者:稲山清紀  投稿日:2018年 5月29日(火)16時24分48秒
返信・引用
  上記、通常総会が5月25日(金)、新宿;クルーズ・クルーズに於いて43名(委任状112名)の出席者の下、開催されました。小川会長からの29年度会務報告並びに30年度重点活動方針、伊津野副会長による収支決算及び次年度予算案などの第1,2号議案、石盛要顧問(経専39回)退任(健康上から)の第3号議案、最後に友の会創立40周年記念事業についての第4号議案等々について満場一致で承認されました。議事終了後、吉田一久氏(学部18回による「経済学部楽苦備部(ラグビー)部」の演題での講演会に移り、経済学部ラグビー部卒OB諸氏の実業界における活躍ぶりを披歴されました。
その後は懇親会となり先輩、同輩、後輩が互いに和気あいあいと懇談し交流を深めました。
 

5月(総会)の談話サロンご案内

 投稿者:城 善政    投稿日:2018年 5月 1日(火)09時23分20秒
返信・引用
  平成30年5月の談話サロンの御案内
             (総会特別講演会)

拝啓 新緑の候、心地よい季節になりました。皆様にはお変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。
さて5月の特別講演会は長年瓊林会東京支部長としてご尽力いただきました吉田 一久様にご講演をしていただくことになりました。ご多忙とは存じますがお誘い合わせの上、多数ご出席くださいますようお願いいたします。
敬具



1 日 時  平成30年5月25日(金)  11時50分~12時50分
  (通常総会の案内につきましては友の会誌75号の巻頭言の前のぺージをご参照ください)

2 会 場  クルーズクルーズSINJUKU
         (TEL 03-5485-3900)
       東京都新宿区新宿3―5―4レインボービレッジ
        (東京メトロ丸ノ内線:新宿3丁目駅下車  E-4出口)

3 講 師  吉田 一久様  (学18)

4 テーマ  [経済学部楽苦備(ラグビー)部]
      講師は平成27年11月の談話サロンで「障害者雇用について」と題し
      興味深い話をされました。その講演の冒頭で「わたしは学生時代ラグビーに打ち込みました」と発言されています。昭和42~43年前後の長崎での
      学生生活の話を楽しみにしています。

5 会 費  2000円  (懇親会  13時~15時)
 

H30年4月度定例会議事録

 投稿者:三浦 康寿    投稿日:2018年 4月16日(月)17時49分10秒
返信・引用
  ○日時:4月12日(木) 10:30~12:00
 ○場所:長崎県産業支援センター
○出席者:(順不同、敬称略)
三浦、林、外尾、伊津野、小淵、一ノ瀬、石田、城、稲山、川口、野中、平川、柿田、千原、田中
 以上15名
1、議題
・会長挨拶  5月末の総会報告事項である「29年度活動実績及び30年度活動方針」を各グループで
     纏めて総務グループに4月末までに提出頂きたい(三浦筆頭副会長)
     尚、入院中の小川会長には4月末には退院され5月度定例会には復帰される見通しである。
・会員動向     入会者0、退会者5(死亡若しくはご高齢による)   3月末会員数 248名
・会報誌在庫    72号=21部、73号=134部、 74号=102部 、75号=134部、の 71~61号=各5部
2、各部報告
・総務G :3月末発送した会報75号につき4部が返送された。最新の会員名簿による宛先であったが
     東京支部名簿などと照合し住所確認の上、再送する。尚、総会は5月25日(金)例年通り
     クルーズ・クルーズSHINJYUKUとする。
 ・会員対策/地区活性化G:昨年度の会員動向は入会18名、退会31名で13名の純減となった。特に高商、経専卒会員の退会は超高齢につき止むを得ない面もあり、学20回以降の若手会員での補充が急務である。東京地区では4月23日の瓊林会東京支部ゴルフ大会、6月の瓊林会東京支部総会などの場で友の会リーフレットを活用し役員各位の協力を得て入会勧誘を促進したい。
・経理G:29年度の収支報告は別紙の通りである。対予算収支差の大半は事務所引っ越し費用の削減及び
会報発送費用の増加による。30年度収支予算は会員動向の実態に鑑み会員数240名(現在より
8名減)をベースに策定し最終案とする。
・事業企画G: 4月3日、都立小金井公園花見と「江戸東京たてもの園」の見学を実施、18名が参加。
       満開の桜も多く天気にも恵まれた花見であった。(友の会掲示板に掲載中)
・研修企画G:今年度の講演、講師は別表の通り来年1月まで確定している。12月だけが未定で講師等の
       推薦をお願いしたい。尚、定例会議中若しくは昼食時に一般会員が談話サロンへ来場される
       場合には今後は隣の部屋で待機頂くよう配慮したい。
・IT/広報/会報誌:会報75号は各役員の協力を得て3月30日に発送した。ヤマト運輸の値上げにより
       今後発送費用の増加が懸念される。
・イベント企画G:恒例の演劇鑑賞を10~12月頃に企画したい。団体割引の対象となる20名以上の参加が
必要であるため演目、劇場など精査して進める。
〇 談話サロン:12:00~12:40  「地域貢献活動と心身の健康について」  講師:外尾勉氏(学20回)
  上記、出席者の他、以下の各氏が聴講した。
  釜下孝一、西山正昭(学8)、北村義三、山下勉(学9)小川俊明、竹崎勲、中川健治(学10)
徳久忠正(学11)森田滋(学12)内川博文、西橋時男(学20)小野等、南隆一(学21)船川敦子(特別会員)

  〇 次回定例会;5月10日(木) 10時30分  長崎県産業支援センター
 

小金井公園の花見

 投稿者:稲山 清紀    投稿日:2018年 4月 6日(金)18時16分33秒
返信・引用
  春爛漫、友の会の今年の花見は4月3日、都立小金井公園の桜を愛でながら併せて江戸東京たてもの園を見学を実施し18名が参加しました。先ず、武蔵小金井駅からバスで5分の公園入口に到着。バス停の50m先に小金井CCがあったので足を伸ばして外から超名門コースの佇まいを眺めました。20年程前に瓊林会東京支部ゴルフ大会を3度ほどこのコースで開催したことがありました。さて、公園内のソメイヨシノは半分ほど花が散っていましたが、その他の八重桜などは満開で広い公園には多数の人が花見を楽しんでいました。我々はたてもの園に入園し、ガイドさんから園内に移設、移築された歴史的建造物の説明を受けた後、三々五々思い思いの建築物を見学しました。特に三井八郎右衛門邸や2・26事件の現場である高橋是清邸などが歴史的遺産として印象深く感じました。見学は1時間程だったので全ての建築物を丹念に見学する事は出来ませんでしたが、興味のある人は後日個別に見てもらうことにしました。昼過ぎにバスで武蔵小金井駅に戻り、駅近くの中華料理屋で喉を潤しながら昼食を共に懇談し2時過ぎに解散しました。  

30年4月談話サロン

 投稿者:城 善政    投稿日:2018年 3月22日(木)10時03分13秒
返信・引用
  拝啓 桜が満開の頃となりました。昨日は春分の日でしたが関東地方は平野でも雪が積もりました。
皆様におかれましてはお元気にお過ごしのことと存じます。
さて4月の談話サロンは下記の要領で行います。ご多忙とは存じますがお誘い合わせの上
多数ご出席くださいますようお願い申し上げます。
敬具



1 日 時    平成30年4月12日(木)
          12時~12時40分    講演会
          その後1時間程度      懇親会

2 場 所    長崎県東京産業支援センター
         〒160-0004 東京都新宿区四谷1-10-2
         電話 03-6240-0532

3 講 師    学部8回   外尾  勉 様

4 テーマ   「地域貢献活動と心身の健康について」

① 講師は公益社団法人大田区シルバー人材センターのメンバー
② 約3年前から週2回、3ヶ所の公園広場の清掃作業
③ 地域の人との交流、挨拶、感謝の気持を伝えることの大切さを痛感
④ 今回は日常生活の中で実践を通した体験を語られます。日頃から
「如何に健康に過ごすか」に関心を寄せられています。
⑤ 終末医療の専門家が書いた「死ぬときに後悔する25のこと」に
ついても語られます。

5 その他   ① 出席される方は食事を済まし、11時50分までにご来場下さい。
        ② 会費は500円(お酒を飲まれない方は200円)
 

レンタル掲示板
/24