teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


散策:アンテナショップ巡り

 投稿者:稲山清紀  投稿日:2022年 5月16日(月)11時35分19秒
返信・引用
  (瓊林友の会:令和4年度第1回散策)
                                                         令和4年5月12日
                                                            事業企画グループ

              九州四県アンテナショップ巡り(ご案内)

  コロナ禍の影響で中止していた友の会散策を再開することに致しました。
この3年余り、会員の皆様に於かれても出来るだけ外出は控え、ましてや故郷九州への里帰りなどは
自粛されていたことと推察いたします。
そこで、再開の第1回として、故郷の雰囲気を幾らかでも肌で感じて頂きたいと思い都心の有楽町、銀座、日本橋界隈にある九州4県(福岡、鹿児島、熊本、長崎)のアンテナショップを訪ね、それぞれの県の
特産品、地酒、銘菓などに触れて旅の気分を味わって頂きたく散策を企画しました。
梅雨入り前の銀ブラのつもりで気軽に参加ください。


1、 日時: 令和4年6月3日(金)・・・小雨決行
2、 集合場所:東京交通会館ビル1階正面入り口 (JR有楽町駅・京橋口直ぐ)
3、 集合時間:午前10時30分
4、 散策場所:
   〇 ザ・博多     有楽町2-10-1     東京交通会館B1 -181
〇 かごしま遊楽館  有楽町1-6-4      千代田ビル1~3F
〇 銀座熊本館    銀座5-3-16      東京海上日動熊本県共同ビル
〇 日本橋長崎館   日本橋2-1-3    アーバンネット日本橋2丁目ビル
5、 歩く距離 : 約4km (2時間弱)
6、 昼食懇親会 :「SCHMATZ(シュマッツ)日本橋高島屋店」℡:03-3527-9961(ドイツビヤホール)
7、 解散時刻 : 14時頃
8、 申し込み : 各卒回役員・幹事から同期諸兄(会員、非会員問わず)にお知らせ頂き
       取り纏めの上、5月26日(木)までに稲山宛にご連絡ください
       尚、残念ながら都内は飲食店の人数制限が継続しており、申し訳ありませんが
先着20名とさせていただきますので早めに申し込みください。
   9、案内人  : 稲山清紀(学12)、平川文彦(学15)
9、 緊急連絡先 : 当日は080-6508-1780(稲山携帯)へ連絡ください
10、その他 ?ショップでの買い物などを考慮してマイバッグを持参ください
       ② マスクは必ず着用ください
③ 申し込み後のキャンセルは前日までにお願いします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・切り取り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〇 6月3日の九州四県アンテナショップ巡りに参加します
     *昼食懇親会にも(参加、不参加)です
     学部   回   氏 名 (          )
              同伴者氏名(          )
          当日連絡先 ℡:______________(携帯がベター)
 
 

特別講演会(オンライン)

 投稿者:伊津野平  投稿日:2022年 5月14日(土)16時37分2秒
返信・引用
  令和4年5月12日
各 位
瓊林友の会

オンラインによる特別講演会のご案内

前略 先般会報誌「瓊林友の会」第83号(令和4年3月発行)にてご案内の通り、通常総会に引き続いて、下記の通り、ZOOMオンラインによるハイブリッド方式にて特別講演会を開催致します。非会員の方々もお誘いのうえ、奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。                         草々

1. 日 時 : 令和4年5月27日(金) 11:00~12:00(通常総会の後)
2. 場 所 : 〇講師、ホスト、役員及び総会参加者は四谷「主婦会館プラザエフ」
〇その他参加者は在宅にてZOOMオンラインによるハイブリッド方式
3. 講 師 :  郷農 彬子氏(ごうのうあきこ 特別会員)
長崎市生まれ、県立長崎東高校入学、都立桜町高校卒
日本女子大学英文科卒
文部省入省 国連ユネスコ担当
結婚後、米国テキサス州、西ドイツ滞在
帰国後、NYタイムズ雑誌翻訳者
1983年、国際会議会社、「バイリンガルグループ」を設立
現在、代表取締役社長。取り扱い言語は約30か国語
長崎市観光推進委員、その他諸々の要職に携わる
著書、英訳付き絵本「みんなおいでこっちだよー!」等
因みに、父上が広瀬 直之氏(高商29回、昭和11年卒)
4. 演 題 : 「ドイツの地元小学校と長男」

5. 参加申込: Zoomホスト役・指導役 柿田 寛(学18回)宛
電話:080-6798-6096
又は メール:hikakita@za.pial.jp
6. 参加方法: ホスト役から開催の数日前に「招待メール」をお送り致します。
以上
研修企画グループ長 伊津野 平(学9回)
 

令和4年5月度議事録議事録

 投稿者:稲山 清紀  投稿日:2022年 5月14日(土)15時32分6秒
返信・引用 編集済
  ○ 日時:5月12日(木) 10:00~11:00 ○ 場所:長崎県東京産業支援センター
○ 出席者:(順不同、敬称略)
川口、三浦、伊津野、石田、稲山、平川、安田、柿田、中野、松尾  以上 10名
◎ 会長挨拶  既に提示し役員各位の了解を得ている令和4年度役員人事・会務分担の中
     で、その後監事の外尾勉さん(学8)から家庭の事情により役員を辞退したい旨の申
     し出がありましたので○ 日時:5月12日(木) 10:00~11:00
 ○ 場所:長崎県東京産業支援センター
○ 出席者:(順不同、敬称略)
川口、三浦、伊津野、石田、稲山、平川、安田、柿田、中野、松尾  以上 10名
◎ 会長挨拶  既に提示し役員各位の了解を得ている令和4年度役員人事・会務分担の中で、その後監事の外尾勉さん(学8)から家庭の事情により役員を辞退したい旨の申し出がありましたので
了承しました。後任の監事には経験もある三浦康寿さん(学8)に就任して頂くこととなりましたのでご報告します。正式には他の役員と同様、通常総会にて承認される運びとなります。
尚、外尾勉さんは顧問に就任して頂くこととなります。
(各部報告)27日の通常総会にて提案される主として令和4年度友の会活動方針につき各グループリーダより別紙資料により説明がなされた。(内容は省略)
 ・会長よりの活動方針要旨
 ・3年度会務報告として、コロナ禍の影響で諸々の外部活動が大幅に制限されたが若手役の努力によりオンラインの導入が実現し新たな活路を見出す事ができ運営上の貴重な財産となった。
      ・死去や体調不良などで会員減少が進む高齢者の友の会であるが昨年度は16名もの新入会員が
       増えて年度末と同数の239名を確保することができたことは会員の強い学縁の絆によるものと
       心より感謝申し上げます
      ・4年度活動方針として、1)友の会活動は本来の対面式会合が中心ではあるが全国レベルに広げるためハイブリット方式によるオンライン活用による仕組みを構築していく。
      2)自然に入会してみたいという雰囲気を醸成して「魅力ある友の会」を目指し新入会員の
       獲得に努力する。3)ボランティア精神旺盛な意欲ある次世代の中核となる人材の発掘、育成に努力する
・事業企画G:コロナ禍が沈静化の方向に向かっており、中止していた散策を別紙の通り再開します。
手始めに都内銀座界隈にある九州四県(福岡、鹿児島、熊本、長崎)のアンテナショップ巡りの散策を6月3日(金)に実施します。役員各位には同期の会員への案内をお願いしたい。
・研修企画G:本日の談話サロンはお休みです。7月以降は数人の講師の候補者の名は上がっていますが
決まらなくて苦慮しています。役員・学年幹事各位から然るべき方の推薦をお願いしたい。
・IT/広報/会報誌G:9月末発行予定の会報誌84号の編集方針の大筋は別紙の通りです。「近況だより」が80号(25名)をピークに83号では11名と激減しているので25名を目標としますのでよろしくご協力をお願いします。
                                                                                        以上
 ◎ 令和4年度通常総会
5月27日(金)  10:00~11:00    主婦会館プラザエフ 3F ソレイユ
〇 次回定例会
6月9日(木)  10:00~11:00    長崎県東京産業支援センター


            了承しました。後任の監事には経験もある三浦康寿さん(学8)に就任して頂くこととなりましたのでご報告します。正式には他の役員と同様、通常総会にて承認される運びとなります。
尚、外尾勉さんは顧問に就任して頂くこととなります。
(各部報告)27日の通常総会にて提案される主として令和4年度友の会活動方針につき各グループリーダー
      より別紙資料により説明がなされた。(内容は省略)
 ・会長よりの活動方針要旨
      ・3年度会務報告として、コロナ禍の影響で諸々の外部活動が大幅に制限されたが若手役員の努力によりオンラインの導入が実現し新たな活路を見出す事ができ運営上の貴重な財産となった。
      ・死去や体調不良などで会員減少が進む高齢者の友の会であるが昨年度は16名もの新入会員が
       増えて年度末と同数の239名を確保することができたことは会員の強い学縁の絆によるものと
       心より感謝申し上げます
      ・4年度活動方針として、1)友の会活動は本来の対面式会合が中心ではあるが全国レベルに広げるためハイブリット方式によるオンライン活用による仕組みを構築していく。
      2)自然に入会してみたいという雰囲気を醸成して「魅力ある友の会」を目指し新入会員の
       獲得に努力する。3)ボランティア精神旺盛な意欲ある次世代の中核となる人材の発掘、育成に努力する
・事業企画G:コロナ禍が沈静化の方向に向かっており、中止していた散策を別紙の通り再開します。
手始めに都内銀座界隈にある九州四県(福岡、鹿児島、熊本、長崎)のアンテナショップ巡りの散策を6月3日(金)に実施します。役員各位には同期の会員への案内をお願いしたい。
・研修企画G:本日の談話サロンはお休みです。7月以降は数人の講師の候補者の名は上がっていますが
決まらなくて苦慮しています。役員・学年幹事各位から然るべき方の推薦をお願いしたい。
・IT/広報/会報誌G:9月末発行予定の会報誌84号の編集方針の大筋は別紙の通りです。「近況だより」が80号(25名)をピークに83号では11名と激減しているので25名を目標としますのでよろしくご協力をお願いします。
                                                                                        以上
 ◎ 令和4年度通常総会
5月27日(金)  10:00~11:00    主婦会館プラザエフ 3F ソレイユ
〇 次回定例会
6月9日(木)  10:00~11:00    長崎県東京産業支援センター

 

令和4年4月度定例会議事録

 投稿者:稲山 清紀  投稿日:2022年 4月15日(金)14時22分15秒
返信・引用
  ○ 日時:4月13日(水) 10:00~11:00
 ○ 場所:長崎県東京産業支援センター
○ 出席者:(順不同、敬称略)
川口、伊津野、稲山、平川、柿田、中野、西橋、田中、松尾  以上 9名
◎ 会長挨拶 昨年度はコロナ禍が続いて友の会の活動も停滞を余儀なくされたが、会員数は入会、
退会ともに16名で240名程を維持したことは役員各位のご尽力の賜物であり感謝します。
既に提示している令和4年度役員人事・会務分担の中で、伊津野平氏に筆頭副会長に就任して頂き友の会活動を牽引して頂きたく思います。尚、今年度から新役員として中野榮次氏(学18)、西橋時男氏(学20)が就任されましたのでご紹介します。(両氏より就任の抱負が表明されました)
(各部報告)
・総務G :会報83号を3月31日、役員有志の応援を得て234部、発送完了。
3月度定例会で依頼した通常総会(5/27)提案資料として令和4年度友の会活動方針、各グループ活動実績・年度活動方針を総務グループ宛てに4月20日までに提出願いたい。
通常総会提案資料として5月度定例会にて審議します。
 ・会員対策/地区活性化G:3月度入会者0、退会者1で3月末会員数は239名となった。
      退会者は山崎誠氏(学9=死去)である。今年度の勧誘活動は学生時代の同じ体育・文化クラブ、
同じゼミ、同郷、同期などの繋がりをターゲットに推進していく考えである。
・経理G:令和3年度の収支決算報告書は別紙の通りで既に山田監事の承認を得ている。令和4年度収支予算案は別紙の通りで特に談話サロンに関するオンライン関連費用として60千円を計上しサロンの円滑なる運営に資することとした。尚、今年度は年会費を特別措置により徴収しないので収入ゼロとしているが、その他が通常の活動が行われて出費があるとしても次期繰越金は810千円程度と見込んでいる。
・事業企画G:都内銀座、有楽町にある九州四県(福岡、鹿児島、熊本、長崎)の各アンテナショップ巡りの散策を実施すべく4/5日に下見を行い開催への準備は整った。但し、未だにコロナ感染が衰えない状況で20名もの団体で歩いた後、懇親会でお開きとなる散策を友の会会員へ呼びかけても現時点では理解を得られないと判断し開催時期を延期することとした。5月定例会にて再度調整したい。
・研修企画G:本日の談話サロンは西橋時男氏(学20)による「日本経済の復活―インドの先端デジタル力活用」という講話です。講師が四谷の産業支援センターから全国の会員へ届けるハイブリット方式は本日で3回目となりますが万全を期して事前準備も行っておりますので最後までご清聴の程、宜しくお願い致します。尚、別紙の通り7月以降は講師が決まっていない為、苦慮していますので、役員・学年幹事各位から然るべき方の推薦をお願いしたい。
・IT/広報/会報誌G:会報誌83号の編集では原稿集めに苦心したのが印象に残りました。次号84号は
       9月末発行予定ですが、特集テーマは「私の健康法」としましたので多くの寄稿を期待しています。84号からは中野榮次氏が編集責任者となり石田昌吉氏が副編集責任者としてサポートすることとなります。
〇 次回定例会      5月12日(木)  10:30~11:30  長崎県東京産業支援センター
 *談話サロン はお休みです。(5月度は 通常総会特別講演:5/27となります)
◎ 令和4年度通常総会 5月27日(金)   主婦会館プラザエフ 3F ソレイユ
 

令和4年度年会費の特別措置について

 投稿者:川口恒夫  投稿日:2022年 3月16日(水)11時27分15秒
返信・引用
  この度、「瓊林友の会」では令和4年度の年会費を1年間に限って徴収を差し控えさせて頂く
ことに致しました。
理由はコロナ禍の中で不本意ながら諸々の活動が制限され支出が抑えられことにより、
資金繰りに余裕が出来て来ためです。

従って、今月末発送予定の第83号会報誌には「振り込み用紙」を同封しておりませんので
ご承知おきください。よろしくお願い申し上げます。

    令和4年3月16日 瓊林友の会会長 川口恒夫

http://9316.teacup.com/keirintomo/bbs

 

令和4年3月度定例会議事録

 投稿者:稲山 清紀  投稿日:2022年 3月12日(土)17時36分56秒
返信・引用
  ○ 日時:3月10日(木) 10:00~11:00
 ○ 場所:長崎県東京産業支援センター
○ 出席者:(順不同、敬称略) 川口、外尾、伊津野、石田、稲山、平川、柿田、千原、松尾、
中野栄次(学18=学年幹事)          以上 10名
◎ 会長挨拶 2月度定例会で提示した令和4年度役員人事・会務分担について各位より
同意を得ましたので通常総会(5/27)の議案として正式に承認を得ることとなります。尚、
先月定例会で決定した4年度年会費を徴収しない特別措置に関しては3月末発行の会報83号にて
お知らせしていますが、会報が届く前に振り込みをされる行き違いがないように友の会掲示板、
TNS(友の会ネットワークシステム)などで担当役員より会員に通知をお願いしたい
(各部報告)
・総務G :通常総会(5/27)提案資料として令和4年度友の会活動方針(会長)、各グループ活動実績・
年度活動方針を総務グループ宛てに4月20日までに提出願いたい。
先月、高商・経専卒の会員を名誉会員と称すること、年会費免除も併せて、友の会会則の一部
改訂を通常総会にて議案として提案することとしたい。
 ・会員対策/地区活性化G:2月度入会者5、退会者0で2月末会員数は240名である。
      入会者は池田健太郎氏(学26)、牧野陽一郎氏(学29)と特別会員の安野倫男氏(学35)、波戸省子さん(学35)、加藤恵理子さん(学36)の5名で久し振りに若手の大量入会で240台となったが、若手役員を中心に6名の役員でのメール、電話、手紙などでの勧誘活動の成果であろう。
      尚、会員の変動による会員名簿は個人情報保護の観点から年2回、3月末、9月末に全役員へ
のみ送付することとする。
・経理G:今年度の収支決算報告書(見込み)及び令和4年度収支予算案(たたき台)は別紙の通りである。収支決算ではコロナ禍で活動が停滞したことなどから支出が300千円弱減少し次期繰越金が1650千円と当初予算より600千円程度増加した。4年度予算案では各グループからの予算申請をベースに算定し、年会費は特別措置により徴収しないこと、そのほかは通常の活動が行われたとしても次期繰越金は810千円程度と見込んでいる。
・事業企画G:コロナ禍で散策など懸念される状況が続いているが、4月中旬以降には下火になり落ち着くと予想し都内銀座界隈にある九州四県(福岡、鹿児島、熊本、長崎)の各アンテナショップ巡りを4月下旬に実施すべく事前の下見を行い、4月度定例会にて詳細を提案する。
・研修企画G:本日の談話サロンは田中洋氏(学18)による「邪馬台国への海路と陸路」という講話です
      講師が四谷の産業支援センターで講演して全国の会員へ届けるハイブリット方式です。
      過去2回ほど途中でトラブルがあり皆さんにご迷惑をお掛けしましたが、本日は万全を期して
      取り組んでいますので最後までご清聴の程、宜しくお願い致します。
尚、別紙の通り来期6月までは講師、演題も決まっていますが7月以降、然るべき方の推薦を
役員・学年幹事にもお願いしたい。
・IT/広報/会報誌G:会報誌83号の目次は別紙の通りで71頁となった。発送作業は31日(木)10時より当センター会議室にて行いますので、手伝い出来る役員の方の応援をお願いします。
〇 次回定例会  令和4年4月13日(水) 10:00~11:00 長崎県東京産業支援センター
  * 談話サロン「日本経済の復活の切り札はインド」11:00~12:00  西橋時男氏(学20)
 

令和4年定例会議事録

 投稿者:稲山 清紀  投稿日:2022年 2月15日(火)16時39分12秒
返信・引用
  令和4年2月度オンライン定例会議事録
        ○ 日時:2月10日(木) 10:00~11:00
○ 場所: オンライン定例会
○ 出席者:(順不同、敬称略)
役員)川口、林、伊津野、石田、稲山、平川、安田、柿田、千原、
相談役)小川、学年幹事)中野(学18)   以上 11名
・会長挨拶: オミクロン株の収束は蔓延防止措置が更に延長される見込みであり予断をを許さない状況にあります。支部事務所である長崎県東京産業支援センターでも遂に1名の感染者が出たとのことでセンターは相当ナーバスになっているようです。さて、先月提示しました令和4年度役員人事及び会務分担(案)の説明は後程行いますが、その件も含めて3月度は年度末でもあり四谷での対面での定例会を予定しています。
1、各部報告
・総務G: 令和4年度は友の会会則により役員改選期となるので会長より役員人事及び会務分担(案)に
関しては事前に役員、学年幹事にお知らせしているがその経過について説明されます。
     (川口会長より)既にお示ししている役員人事(案)ですが、今回退任は三浦康寿氏、林英男氏(以上学8)千原篤氏(学20)、山田道弘氏(学5)の4名でそれぞれ事情があり退任されることとなりました。新任は中野榮次氏(学18)、西橋時男氏(学20)の2名です。異動は外尾勉氏(学8)が監事へ、安田正秀氏(学14)が副会長へ。尚、顧問には三浦康寿氏が就任、小川俊明氏(学10)、野中茂美氏(学12)は退任されることとなりました。退任の方々には永年に亘るご尽力に感謝申し上げます。尚、本件は3月度定例会で審議され、通常総会(5/27)にて正式に承認されることとなります。
 ・経理G:令和4年1月度の収支報告書は既にメールにて報告済みであるが、寄付金1件で殆ど変動はない。
       尚、令和4年度予算編成に当たり、各担当より4年度活動に必要とされる予算項目があれば
その金額を2月末までに経理G宛てに提出願いたい。
 ・会員対策/地区活性化G:1月末現在、前月から2名の入会者があり会員は235名である。
      入会の井元明暢氏(学10)は事情で退会されたが再入会、宮川博幸氏(学25)は新規の入会である。又、若手会員勧誘対象者リスト(39名)に基づくフォローを対象の役員/学年幹事に
      お願いし勧誘作戦を展開しているので、その効果を期待している
・事業企画G:オミクロンの感染拡大が収まらず事前の下見など出来ない為、都内アンテナショップ巡り(九州四県:福岡、熊本、鹿児島、長崎)の散策は4月前後にずれ込む見込みである。
・研修企画G:談話サロンの予定は別紙の通り来年6月度までは決定している。本日は川口勝氏(学20)による「龍馬と長崎」というテーマでの講演であり多数ご清聴願いたい。
        尚、 通常総会特別講演は予定した北村隆則氏(学17は、帰国予定が流動的な為、今回は断念し7月以降に調整することとした。代わって、特別会員である郷農彬子氏の「ドイツの地元小学校と長男」との演題での講演となります。7月以降の講師の推薦をお願いしたい。
・IT、広報、会報誌G:次号83号の締め切りは2月15日であるが、現在まで別表の寄稿を得ている。
    「近況だより」が少なく役員各位の投稿をお願いしたい。発行は3月31日(木)を予定している。
  〇 次回: *定例会 :3月10日(木)   10時00分~  長崎県東京産業支援センター(予定)
        談話サロン:3月10日(木)   11時00分~     同上      (予定)
                       「南至投馬国水行二十日」 ; 田中洋氏(学18)
 

令和4年1月度定例会議事録

 投稿者:稲山 清紀  投稿日:2022年 1月15日(土)13時01分48秒
返信・引用
  ○ 日時:1月13日(木) 10:00~11:00
○ 場所: オンライン定例会
○ 出席者:(順不同、敬称略)
役員)川口、伊津野、石田、稲山、平川、安田、柿田、千原、田中、松尾
相談役)小川、学年幹事)山野、中野(学18)   以上 13名
・会長挨拶:年明け早々から オミクロン株の感染が急増し波乱の幕開けとなりました。友の会活動も
    この2年程コロナ禍に影響され本来の活動が出来なかった反面、出費が激減しており次年度
繰越金が1600千円程度となる見通しであることに鑑み、令和4年度のみは特例措置として年会費
を徴収しないことを提案します。本件、役員各位から多数賛同を得ておりますので後程審議して
頂きたい。
又、4年度は役員改選期に当たりますので、役員に相応しいと思われる然るべき人物の推薦
をお願いしたい。
1、各部報告
・総務G: 令和4年度上期の定例会開催日(毎月第2木曜日)の会議室は予約完了。但し、4月は先約があるため13日(水)となります。
     又、令和4年度の通常総会は5月27日(金)、主婦会館プラザエフにて開催します。
会場は予約済みです。
 ・経理G:令和3年度12月度の収支報告書は既にメールにて報告済みであるが、1~3月の支出を考慮しても来期への繰越金は1600千円程度と見込まれる。会長からの4年度の年会費を徴収しないという提案については収支バランスからも何ら問題ないので是としたい。
尚、本件は役員各位の同意により了承されました。
 ・会員対策/地区活性化G:12月末現在、前月から入退会者ともなく会員は233名のままである。
      又、若手会員勧誘対象者リスト(39名)に基づくフォローを対象の役員/学年幹事に
      お願いしました。電話、メールでのフォローに不都合がある場合はそれぞれ工夫しての
      対応をお願いしたい。
・事業企画G:オミクロン感染の収まりを期待して陽春の3月半ば以降に都内アンテナショップ巡り
      (九州四県:福岡、熊本、鹿児島、長崎)の散策を行う計画である。
・研修企画G:談話サロンの予定は別紙の通り来年6月度までは決定している。本日は田中健一氏(学21)による「中央銀行の歴史」という経済学部卒に相応しい講演であり多数のご清聴願いたい。
        尚、 通常総会特別講演(5/27:北村隆則氏=学17)に関しては、業務の都合により香港、
        若しくは京都からのハイブリッド式の講演の予定であるが、香港であれば、ZOOMの接続に
        課題がある由、さらに検討、調整を進める必要がある
・IT、広報、会報誌G:次号83号の締め切りは2月15日であるが、現在70%程の寄稿を得ている。
      総会案内など3月号に掲載する定例の記事は投稿願いたい。発行は3月末を予定している。
  〇 次回: *定例会 :2月10日(木)   10時00分~  長崎県東京産業支援センター(予定)
        談話サロン:2月10日(木)   11時00分~  ハイブリッド方式
                       「龍馬と長崎」 ; 川口勝氏(学20)
 

令和3年12月度定例会議事録

 投稿者:稲山 清紀  投稿日:2021年12月10日(金)18時04分23秒
返信・引用 編集済
  ○ 日時:12月9(木) 10:30~11:30
○ 場所:長崎県東京産業支援センター
○ 出席者:(順不同、敬称略) 川口、三浦、伊津野、一ノ瀬、石田、稲山、
安田、平川、柿田、千原、松尾、中野栄次(学18) 以上 12名
◎ 会長挨拶 年末となり新種コロナ・オミクロンが現れ油断できないが、来年以降に拡大すること
なく事態が好転することを願っている。当事務所会議室も半公共施設故、コロナ対策は
特に厳しく会議時のマスク着用、窓を開けての換気、入口ドアの開放、控えめな声での
会話等センター長から厳しく指摘されている点を十分配慮して利用することが肝要であ
る。尚、若手層の会員勧誘に際しては”高齢者集団“ということを敢えて強調し過ぎることはなるべく控えるようにして欲しい
○ 各部報告
・総務G :1月度定例会は新年でもあり会場を「主婦会館プラザエフ」(四谷)にて談話サロン・昼食を含む会議とするが新種コロナ株を考慮し、参加者は役員に限定したい(詳細は別途、案内資料通り)。又、本日は談話サロン終了後、支部事務室にある友の会常備品の整理整頓を行うのでお手すきの方には応援をお願いしたい。
 ・会員対策/地区活性化G:11月度入会者1、退会者なしで11月末会員数は233名である
      先月の新規会員勧誘対象者に関して若手役員を中心に6名の役員でメール、電話などでの勧誘
活動を推進することとしたい
・経理G:11月度に於いても収入、支出を伴う具体的な友の会活動は少なく前月度と変動の殆どない会計
実績でした。
・事業企画G:コロナ禍が収まりつつあるとはいえ、油断できない状況が続いていますが、先月報告した
都内銀座界隈にある九州四県のアンテナショップ巡りを実施したく、年明けに下見を行い2月度提案、3月初めに実施の方向で進める。
・研修企画G:本日の談話サロンは毛利寿男氏(学8)による「城さんと一緒に歩いた道」という講話です
尚、別紙の通り来年6月までは講師、演題も決まっているが以後の推薦を役員・学年幹事にもお願いしたい。
     ところで、今後とも各講師のオンラインによるハイブリット方式が多くなることから、前月の
経験を踏まえ談話サロンの円滑な進行を図るためにハイブリット用通信機器の利用を検討した
い(本件、レンタル方式か瓊林会東京支部で購入してもらい使用料を払うかなど含め川口会
長に支部との調整等をお願いすることとする。購入の場合50~60千円程度であろう。
・IT/広報/会報誌G:会報誌83号の編集方針は別紙の通り、原稿締切、令和4年2月15日、発行は同3月末とします。前月以降、寄稿済み、寄稿予定など4編が確定したが、現在までの寄稿では
     足りない状況なので更なる各位のご協力をお願いしたい。
○ 一月度定例会    令和4年1月13日(木) 10:00~13:00   主婦会館プラザエフ
                               コスモス(3F)
         * 新春談話サロン 「中央銀行の歴史」  田中健一氏(学21

http://

 

11月定例役員会議事録

 投稿者:稲山 清紀  投稿日:2021年11月14日(日)10時29分54秒
返信・引用
  令和3年11月度定例会議事録
        ○ 日時:11月11(木) 10:30~11:40
 ○ 場所:長崎県東京産業支援センター
○ 出席者:(順不同、敬称略) 川口、外尾、三浦、伊津野、一ノ瀬、石田、稲山、
安田、平川、柿田、千原、松尾、中野栄次(学18) 以上 13名
◎ 会長挨拶  これまでのオンライン定例会では出席できない役員の方もおられたので改めて確認
するが内容は別紙の通りで、主なものは ①会報誌編集作業は石田役員のサポート役として83号から
中野栄次氏(学18)を副担当とし、84号以降は正担当となる。従い、中野氏には学18回の学年幹事
として山野澄雄氏と共に以後定例会に出席して欲しい ②会報発送封筒の宛名ラベルは三浦副会長
から原簿ファイルを総務グループに引き継ぐが瓊林会東京支部のパソコンでの収蔵も考慮する
③月次会員動向に関しては以前の平川サブグループ長に移管し、会員名簿の更新は岩崎茂氏(学22)に引き続き委嘱する。尚、今後は最新会員名簿を毎年3月度に会報に同封して全会員へ送付することとする④新たに学年幹事として学28回山中虎男氏、学29回堀内宇氏を選任した
2、各部報告
・総務G :今後の定例会は、来年3月度までは当四谷会議室を予約済みである。恒例の1月度新年懇親会は会場に予定している「主婦会館プラザエフ」が立食形式の懇親会が出来るかはコロナ禍次第とのことで暫く様子を見たいと考えている。明確になれば12月度に提案する。尚、支部事務室にある友の会常備品の整理整頓を12/9日、談話サロン終了後、各GL中心に実施する
 ・会員対策/地区活性化G:10月度入会者なし、退会者1名;七里克典氏(学10:入院)である。
      先月の新規会員勧誘対象者に関しては役員・学年幹事各位の勧誘活動をお願いしたい
・経理G:10月度にて遂に年会費は完納となりました。関係の役員各位に御礼申し上げます。支出では
     会報誌発送及び追加発注費用併せて57,464円のみでした。
・事業企画G:コロナ禍が収まりつつあるとはいえ、団体で懇親できる飲食の場所も限られている現状から
     散策、イベントなど企画するのは難しいと判断。但し、気軽に行ける都内銀座界隈にある福岡など九州4県のアンテナショップ巡りを検討中であり12月度以降提案、実施したい。
・研修企画G:本日の談話サロンは安田正秀氏(学14)による「江戸は不思議がいっぱい」という講話です。尚、別紙の通り来年3月までは講師、演題も決まっているが4月以降が内定していた
      講師の都合等で未だに確定しておらず担当として苦戦している。各役員から同期に限らず
然るべき講師の推薦をお願いしたい。
・IT/広報/会報誌G:会報誌83号の編集方針は別紙の通り、原稿締切、令和4年2月15日、発行は同3月末とします。現在までの寄稿状況は凡そ想定頁の半分くらいである。尚、年会費納入先、ヘッダー○○号の挿入、アドレス変更など定型化項目として追加、又、原稿の編集ミスをなくす仕組みを実施する。又、中野栄次氏(学18)が83号より編集担当として応援、84号より編集作業責任者となる(会長確認事項)
   3.討議事項
    1) 定例会日程について・・・ 現在の第2木曜日を変更するか否かについては令和4年4月以降の
                      ことであり、今回は結論に至らずペンディングとした
    2)会報作成体制の改編について・・・会長挨拶及びIT/広報/会報誌G報告の通り

  〇 次回定例会  12月9日(木) 10時30分~  長崎県東京産業支援センター
(文責:稲山清紀)
 

レンタル掲示板
/33