teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


令和2年2月度定例会議事録

 投稿者:三浦 康寿    投稿日:2020年 2月15日(土)11時39分15秒
返信・引用
     ○ 日時:2月13日(木) 11:00~12:00
○ 場所: 長崎県東京産業支援センター
○ 出席者:(順不同、敬称略) 小川、山田、外尾、林、三浦、伊津野、小淵、一ノ瀬、石田、城、稲山、
川口、野中、平川、柿田、千原、田中    以上 17名
1、議題
・会長挨拶   先月6日、当会の磯田滋副会長(学5)が 逝去されました。磯田滋氏は長年副会長として
       当会の発展に尽力されました。全員で黙祷を捧げご冥福を祈りたいと思います。
       尚、当会役員の寄せ書きによる送別の色紙をご遺族に送ることと致します。
・会員動向     12月度 入会者0、退会者 2、1月末会員数 245名
・会報誌在庫    78号=156部、77号=69、76号=61、75号=77部、74号=33部、73号以前は各5部
2、各部報告
・総務G :今期を以って辞意を表明されている小川会長の後任を選任する友の会会則13条に基づく運営
評議委員会を開催しました。4月以降の次期会長には川口恒夫副会長(学12)が全員の賛成に
より推挙されたことを報告いたします。
     尚、同委員会にて現在の友の会会則には不明瞭や不備な部分があるとの意見があり会則の
      見直しを行う事としたい。
 ・会員対策/地区活性化G:1月度の入会者はなく、2名の退会者の内、逝去者1、体調不良1であった。
本部「瓊林」誌の各卒回生の全国大会記事より勧誘対象者へのアプローチを行った。
・経理G:年内での完納を目指して対応した結果、1月度にて19年度年会費は完納となった。
     各役員のフォローに感謝します。会報79号には年会費および40周年記念募金寄付者の名前を
掲載することとします。尚、来年度の予算編成に入るので各グループより計上すべき費目・
金額などを申告して頂きたい。
・事業企画G:新春恒例の七福神巡りは1月20日(月)に池上七福神巡りを行い穏やかな好天に恵まれ
25名が参加しました。次回は千葉・市川、弘法寺の枝垂れ桜を見ながらの散策を4月2日(木)
に行うこととします。詳細は3月度定例会にて。
・研修企画G:本日の談話サロンは澤部寿孫氏(学12)による「防人の歌」である。12月迄の講師、演題は別紙の通りであるが7月が未定である。尚、瓊林会東京支部と共催で耶馬台国の勉強会を
      4月26日(日)に行うので関心のある方はご参加ください。(友の会・支部HP参照)
・IT/広報/会報誌:来月3月末発行の記念会報誌79号の内容は別紙の通りである。談話サロンの記事を
入れずに70頁程で既刊の会報とほぼ同等になろう。
原稿締切は2月15日、発送は同3月27日である。

〇 談話サロン:演題:「防人の歌」   講師 : 澤部寿孫氏(学12)
  防人の歌92作、一編づつの丁寧な解説にあたかも万葉の昔に想いを馳せるような講話でした。
  *上記の聴講者  上記役員を除き 石原芳昭(学9)、岩崎慎一、岩下芳和、高本正、野村方昭
  (以上、学12)、安田正秀/夫人(学14)、山内裕介(学16)、山野澄雄(学18)、井口篤子(学20)
  小野等、南隆一(以上学21)
  〇  次回定例会         3月12日                11時 ~        長崎県東京産業支援センター
 
 

勉強会のご案内

 投稿者:城 善政    投稿日:2020年 2月 3日(月)21時03分6秒
返信・引用 編集済
  瓊林会東京支部の皆様へ

瓊林友の会   の皆様へ

                       瓊林会東京支部事務局長 小野 等

                       瓊林友の会研修企画担当 城 善政



                 邪馬台国の勉強会の案内



 拝啓 新春の候、皆様にはお変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。

 さて突然のことで恐縮に存じますが、これまで瓊林友の会の談話サロンにおいては、瓊林会会長田中健一様を講師に「邪馬台国論争」「邪馬台国の検証」と題し講演をして頂きましたが,熱心な質問が相次ぎ時間内に十分に議論を尽くすことなく終了していました。

そこで友の会の会員に限定せず、瓊林会の会員であればどなたでも自由に参加していただき,且つ十分に時間を取り議論をしようということになりました。

「邪馬台国はどこにあるの?」に関心をお持ちの方、これから学んでみようと思はれる方は是非ご参加くださいますようお願いいたします。下記の要領で行います。
                                                                   敬具



                               記



 1  日 時   :令和2年4月26日(日)14時~16時

 2  場 所   :長崎県東京産業支援センター1階会議室

 3  講師とテーマ:瓊林会会長 田中 健一様(学21) 「邪馬台国論争」事始め

 4 打ち上げ   :終了後 簡素な親睦会をいたします。是非ご参加下さい。

                  会費1000円

 5 今後の方針  :勉強会は年に2~3回実施予定。「邪馬台国はどこにあるか」は永遠の
           課題あるが、資料を基に十分納得のいくまで議論したく。

  6.申込み    :参加希望者は4月20日(月)迄に,下記明記のうえ、メール又は

          FAXにてお申込み下さい。

                 氏名・卒回・連絡先(E-MAIL・電話番号)

          MAIL:info@tokyo-keirin.jp、FAX:03-6240-0531

          尚、会場の都合上、参加定員を先着順30名としますので、ご了承

          下さい。

 

2月度談話サロンのご案内

 投稿者:城 善政    投稿日:2020年 1月20日(月)22時24分53秒
返信・引用
   明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
連日寒い日が続いておりますが、皆様におかれましてはお変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。
さて2月の談話サロンを下記の要領で行います ご多忙中とは存じますがお誘いあわせの上、多数ご出席くださいますようお願い申し上げます。



1 日 時    令和2年2月13日(木)  12時30分より
          (参加される方は12時20分までにお集まりください)

2 場 所   長崎県東京産業支援センター
        東京都新宿区四谷1-10-2 (TEL 03-6240-0532)

3 講 師   学12   澤部 壽孫様

4 テーマ    「防人の歌」

4 講師の言葉 私が長崎大学経済学部に入学した当時は米国の占領政策の後遺症と日教組の影響で共産主義が謳歌していて,「きけわだつみの声」という偏向して反戦映画が上映され、日本の戦前の歴史を否定する風潮が学内に蔓延していた。「万葉集」巻き二十の防人の歌を知り、日本の歴史の素晴らしさを感じさせられた。
農家の次男、三男が中国や韓国からの攻撃を防ぐため、両親や妻や子供達を思いながら筑紫に出向いた時の歌であるが、父母や妻子を思う気持ちが詠まれていて千数百年を経た今も私達の胸を打つ。

5 その他   イ 講演会終了後、懇親会を開催します。
ロ 会費500円(飲酒されない方は300円)
 

令和2年1月度定例会議事録

 投稿者:三浦 康寿    投稿日:2020年 1月12日(日)15時57分49秒
返信・引用 編集済
  ○ 日時:1月9日(木) 10:30~11:20
○ 場所: 主婦会館プラザエフ
○ 出席者:(順不同、敬称略) 小川、山田、外尾、林、三浦、伊津野、小淵、一ノ瀬、石田、城、稲山、
   川口、野中、平川、柿田、千原、田中    以上 17名
1、議題
・会長挨拶    本日の談話サロンは「瓊林会館100年の歩み」と題して寄贈者の橋本喜造氏に纏わる
        お話をしたい。
・会員動向     12月度 入会者 0 退会者 3 、12月末会員数 247名
・会報誌在庫    78号=156部、77号=69、76号=61、75号=77部、74号=33部、73号以前は各5部
2、各部報告
・総務G :本日は定例会、談話サロン終了後、新年懇親会を4Fシャフレにてで開催します。37名の
  参加予定です。又、2月から6月までの定例会会場は長崎県東京産業支援センター会議室を
  確保済みです。(通常総会(5/29)は別会場)
 ・会員対策/地区活性化G:12月度の入会者はなく、3名の退会者の内、2名は体調不良者であった。
  今月は「東京瓊林サロン」(1/16)の場で勧誘活動を行っていきたい。
・経理G:年内での完納を目指して対応した結果、12月度までの年会費納入率は91.4%となり未納者は
退会扱い者4名を除き1名のみとなった。(1月9日現在)各役員のフォローに感謝します。
・事業企画G:新春恒例の七福神巡りは1月20日(月)に池上七福神巡りを行います。
 現在までの参加者は27名となっている。
・研修企画G:本日の談話サロンは小川渚友の会会長による「瓊林会館100年の歩み」である。
  7月までの講師、演題は別紙の通りであるが8月~12月までの談話サロンの内容も2月までに
  は決めていきたい。各役員からの推薦等お願いしたい。
・IT/広報/会報誌:来年3月末発行の記念会報誌79号の原稿集約状況は別紙の通りである。
  役員でテーマの  「瓊林友の会と私」及び「近況だより」の未寄稿者は提出を願いたい。
  原稿締切は2月15日、発行は同3月27日である。
・イベント企画:特になし

〇 談話サロン:演題:「瓊林会館100年の歩み」   講師 : 小川渚瓊林友の会会長(学9)

 *上記の聴講者  37名(別紙の通り)

 ◎ 運営評議委員会   2月13日(木)    10時30分 ~  長崎県東京産業支援センター
  〇  次回定例会           〃           11時 ~                 〃
 

1月度談話サロン・新年会のご案内

 投稿者:城 善政   投稿日:2019年12月17日(火)22時25分35秒
返信・引用 編集済
  瓊林友の会1月の談話サロン・新年会の案内

拝啓 今年もいよいよ残り少なくなってまいりました。5月に友の会創立40周年の記念式典、11月には「長崎の集い」を実施いたしました。皆様方から多額のご寄付をいただきました。ありがたく厚くお礼申し上げます。
さて皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます。令和2年1月の談話サロンと新年会を下記の要領で行います。ご多忙とは存じますが奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。


1 期 日       令和2年1月9日(木)

2 場 所       主婦会館プラザエフ(東京都千代田区6番町15)
                             TEL 03-3265-8111

3 行事項目     ・定例役員会 10:30~11:20 3F ソレイユ
           ・談話サロン 11:20~12:00 3F ソレイユ
           ・新年懇親会 12:10~14:00 4F シャトレ

4 談話サロン     講師:小川 渚様 (瓊林友の会会長)   学9

5 テーマ      『瓊林会館』100年の歩みと今後?
             (瓊林会館の寄贈者・橋本喜造氏ついて語られます)

6 会  費      3000円

7 その他      ① 参加ご希望の方は各年次のリーダーの方にお申し込み下さい
             リーダー不在の場合は学18の柿田 寛様にメールにて直接お申し込みください。                                     (締め切り日、1月6日)
           ② 定例役員会は通常は11時から開催されますが今回に限り
             10:30に開始いたします。
 

新春池上七福神巡り

 投稿者:稲山清紀  投稿日:2019年12月15日(日)16時58分44秒
返信・引用
    (瓊林友の会令和元年度第3回散策)
                                    令和元年12月12日
                                     事業企画グループ

                 新春池上七福神巡り(ご案内)
  代替わりで祝賀ムードに沸いた令和元年も後3週間程となりました。
  さて、年の初めの友の会散策は恒例となりました新春七福神巡りを行います。
今年は大田区池上本門寺の周辺7か所の寺院に祀ってある七福神を巡って友の会会員の皆様と
共に新年の幸福長寿、家内安全と友の会の益々の隆盛を祈願したいと思います。
今回の池上七福神は1981年(昭和56年)、日蓮上人七百年遠忌を記念して作られた比較的
  新しい七福神です。併せて、日蓮宗大本山・池上本門寺にも参詣します。
令和2年の年初めに縁起の良い七福神巡りに参加して新年の安穏を祈りましょう。


1、 日時: 令和2年1月20日(月)
2、 集合場所:東急池上線/池上駅改札出口
3、 集合時間:午前10時30分
4、 散策コース
    曹禅寺(布袋尊)~ 微妙庵(毘沙門天)~ 厳定院(弁財天)~ 本成院(福禄寿)
    ~ 「池上本門寺」 ~ 妙見堂(寿老人)~ 養源寺(恵比寿、大黒天)
5、 歩く距離 : 約4km (2時間弱)
6、 昼食懇親会 :「築地日本海」池上店  ℡:03-5748-4208
7、 解散時刻 : 14時頃
8、 申し込み : 各卒回役員・幹事から同期諸兄(会員、非会員問わず)にお知らせ頂き
       取り纏めの上、1月15日(水)までに稲山宛にご連絡ください
9、 緊急連絡先 : 当日は080-6508-1780(稲山携帯)へ連絡ください
10、その他 : 申し込み後のキャンセルは前日までにお願いします
 

友の会12月談話サロンのご案内

 投稿者:城 善政  投稿日:2019年11月24日(日)18時36分31秒
返信・引用
  12月の瓊林友の会・談話サロンの案内
               (兼忘年会)

拝啓 冷たい雨が続き、冬の足音が聞こえてくるような昨日今日ですが、皆様におかれましては、お変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。
さて12月の談話サロンは忘年会を兼ねて下記の要領で行いますので奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。
敬具


1 日 時     令和元年12月12日(木) 12時より

2 場  所     長崎県東京産業支援センター
           東京都新宿区四谷1-10-2
           電話03-6240-0532

3 講師とテーマ   学21 田中 健一様  瓊林会会長
           「日本経済の見通しについて」 (12時~12時50分)

4 忘年会      ① 会 費    3000円

           ② 場 所    「隠れ岩松」
                    講演会会場のすぐ隣り
                    (社長は島原出身、うどんメインの店)

           ③ 電 話    03-5366―0536

           ④ 時 間    13時より~14時30分

5 その他     談話サロンの開始時間は通常12時30分にいたしておりますが
          今回は忘年会を兼ねるので12時からといたします。
          参加ご希望の方は早めにお申し出ください。
 

友の会10月度定例会議事録

 投稿者:三浦 康寿  投稿日:2019年10月23日(水)15時58分31秒
返信・引用
  令和元年10月度定例会議事録
        ○ 日時:10月10(木) 11:00~12:10
 ○ 場所:長崎県東京産業支援センター
○ 出席者:(順不同、敬称略) 小川、山田、外尾、林、伊津野、小淵、一ノ瀬、城、稲山、
川口、野中、平川、柿田、千原、田中    以上 15名
1、議題
・会長挨拶   本部「瓊林」誌へ友の会創立40周年記念事業の件を寄稿することとなった。「長崎の集い」
       11/11日の模様も含めて川口・稲山両役員にて対応してもらいたい。
・会員動向     9月度;退会者 1(死亡)、 9月末会員数 247名
・会報誌在庫    78号=161, 77号=76部、76号=61部、75号=77部、74号=33部、73号以前は各5部
                保存場所の制約もあり77号以前の在庫は整理する。
2、各部報告
・総務G :会報78号の発送で戻った数件は宛先を確認し再送する。
談話サロン、散策、イベントなどの会員への連絡方法につき、特に役員・クラス幹事の居ない
卒回については全国会員宛のメールを活用する考えが提示されたが、クラス幹事の役割なども
含めて引き続き検討することとなった。
 ・会員対策/地区活性化G:9月度の退会者は高齢による死亡であった。支部総会などの出席している
若手の女性会員へ特別会員としての勧誘を行ったが、勤めなどの理由で反応は捗捗しくない。
・経理G:9月度までの年会費納入率は66%程となっており、支出は会報作成費が96,734円となった。
     会報未納者は現時点(10/4)で54名であるが78号に同封した督促状の効果で10月には入金が
増えるものと期待している。
・事業企画G:秋の散策は10月7日(月)、秋晴れの好天の下、会員16名にて旧中山道の宿場町として
栄えた板橋宿を散策し、新選組の供養塔を最後に盛大な昼食懇親会を行いました。
・研修企画G:本日の談話サロンは二人の講師による耶馬台国九州説に関する考察を述べて頂きます。
       来年2月以降のサロンの予定は年内に決めたい。役員よりの推薦を次回までにお願いする。
・IT/広報/会報誌:記念会報誌78号の発送作業は9月27日に実施しました。
  ・イベント企画:友の会と東京支部共催の東京瓊林ゴルフ大会を10月21日、新千葉CCにて開催します。参加者は3組12名である。
◎創立40周年記念事業進捗状況
 *長崎記念旅行;「長崎の集い」(11月11日)の参加者は市内観光20名、懇親会26名となっている。
   *40周年記念品(扇子);会報78号発送に同封して全会員に送付した。併せて、友の会旗(イベント、
散策時に使用)を10本作成、各2本を福岡、長崎支部代表者へ送付する。長崎では11/11日の
長崎の集いの時に活用したい。
〇 談話サロン:演題:「耶馬台国―その海路について   講師 : 田中 洋氏(学18)
            「耶馬壹国の検証」            田中健一氏(学21)
  双方とも実証的、学術的なアプローチで論述され素人にはどちらが正しいかは
  難しい講話であったが古代史の謎とロマンを感じたお話でした。
 上記、役員、講演者以外の聴講者 中野栄次、森部良広、山野澄雄&夫人(以上学18)
内川博文、西橋時男、井口篤子(以上学20)小野等 (以上学21)
 〇 次回定例会  11月14日(木) 11時00分~ 長崎県東京産業支援センター
 

友の会11月度談話サロン ご案内

 投稿者:城 善政  投稿日:2019年10月23日(水)09時19分14秒
返信・引用 編集済
  拝啓 度重なる台風も過ぎ去り、急に秋が深まってまいりました。友の会もゴルフ大会、散策、記念事業の準備等の活動を続けております。皆様におかれましてはお変わりなくお元気にお過ごしのことと存じます。
さて11月の談話サロンは下記の要領で行います。ご多忙とは存じますがお誘いあわせの上多数ご出席くださいますようお願い申し上げます。
敬具


1 日 時      令和元年11月14日(木)
            12時30分~13時20   講演会
            その後 40分程度    懇親会

2 場 所      長崎県東京産業支援センター
           〒160-0004 東京都新宿区四谷ー10-2
           電話 03-6240-0532

3 講 師      山野 澄雄 様    学18回

4 テーマ     「海洋開発の過去、現在そして未来(それに長崎の海洋関連の話を少々)」
          今回はレアアース泥や海底熱水鉱床、長崎港へのクルーズ来航
          の話にも言及される予定

5 その他     ① 先月より談話サロンの開始時間を12時30分に変更いた しましたのでご注意ください。
          ② 会費500円
             お酒をお飲みにならない方は200円
 

中山道・板橋宿を歩く

 投稿者:稲山 清紀  投稿日:2019年10月 9日(水)15時59分20秒
返信・引用
  数日前の雨模様の予報が外れて秋晴れの好天に恵まれた10月7日、会員16名が中山道の宿場町として栄えた板橋を散策しました。都営三田線板橋本町から環七をくぐり旧中山道に入りました。程なく、男女の悪縁を絶ち良縁を結んでくれるとこの榎の皮を?ぎ煎じて飲んだと云われる江戸の名所の縁切榎がありました。皇女和宮が降嫁した折にはこの榎を菰で包み本陣に入ったと云われる。程なく石神井川に架る橋を渡りましたが、これが板橋の地名の由来になったという。しばらく歩くと板橋宿本陣跡の立看板があり本陣飯田家の屋敷跡で大名や幕府の武士が休憩をした所です。次にいたばし観光センターを訪ね所員から板橋宿まち歩きの説明を受けました。その近くの脇本陣・豊田家跡を訪ね、集合写真を撮りました。ここは近藤勇が捉まり幽閉されていた場所でもあります。その後は東光寺で豊臣五大老に一人で八丈島に流刑された宇喜多秀家の供養塔を見て、しばらく歩いて最後に板橋駅東口の新選組供養塔を訪ねました。これは隊士の永倉新八らの尽力で明治9年に建立されたもので、供養塔の両面には沖田総司、原田左之助、井上源三郎など亡くなった隊士110名に名が刻印されていました。
これで、散策は終了。西口の「はなの舞」にて@3000円の昼食宴会コース・飲み放題付きの貸し切り大宴会となりました。
 

レンタル掲示板
/30